沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

全国には数百箇所にも上る教室があります。教室のスタイルもいろいろ。
ご自分にあった教室が見つかると思います。

全国の体験陶芸、教室一覧

板づくり(コップ)

板づくりでは、土を板状に伸ばしたものを型のコップに巻きつける方法を用います。 そのため、同じ形のものを複数つくることができます。

板づくりは、「たたらづくり」とも呼ばれるつくり方です。たたら板の厚さを利用し、糸で均一の厚さの土を切り出します。たたら板の厚さには5ミリ、7ミリ、10ミリなどがあり、それぞれの厚さの土を切り出すことができます。ただし、ここではコップを1個だけつくるので、たたら板を利用して、土を5ミリの厚さで伸ばします。

板づくり(コップ)の工程

・型紙をつくる
・型紙に合わせて土をつくる
・型に巻きつける
・底をつける
・素焼き
・釉がけ
・本焼き

主な道具

たたら板、かんな、針、弓、こて、なめし皮、竹べら、切り糸

板づくり(コップ)の手順

...........................10...11...12...13...14...15

陶芸、板づくり(コップ)の手順1

【型紙をつくる】

1、型にするコップを用意します。型にするコップの素材は、なんでもよいのですが、後で土を巻きつけるので、壊れにくいプラスチックがよいでしょう。また、型にする器の形は土を巻いても抜きやすいものにします。
2、型にするコップをひと巻きできる紙を用意します。端を1センチほどの幅で折っておきます。
3、コップに紙を巻きつけます。詳しくは[ここがポイント1]へ。
4、セロハン・テープでとめます。
5、コップからはみ出ている紙をはさみで上下とも切り取ります。
6、折った部分を目印に、爪で紙に筋をつけます。
7、筋に沿って紙を切ります。
8、型紙のできあがりです。

LinkIconここがポイント1LinkIcon
型紙のつくり方
コップに巻きつけた紙から型紙をつくります。この型紙を元に5ミリ厚で板状にした土を切ります。型紙の端を1センチほど折り返すのは、土に厚さがあり、内周と外周の差によって型で切り出した土を巻きつけるときに長さが足りなくなるのを防ぐためです。ですから、折り返す紙の幅は土の厚さが増えれば少し多めにします。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順2

【土を均一の厚さに】

1、菊練りした土を適当な厚さに切り取ります。この土を手のひらで叩いて伸ばします。
2、手のひらで、左右斜め下に力を入れながら叩きます。こうすることで、厚みを均一に伸ばすことができます。詳しくは[ここがポイント2]へ。
3、左右の端の方では、水平に近い感じで力を加えて叩きます。
4、適当な厚さに伸ばした土の左右に5ミリ厚のたたら板を置き、のし棒で伸ばします。このとき、作業台には片栗粉をまぶしておきます。こうすることで、土がはがれやすくなります。
5、のし棒は前後に小刻みに転がし、全体を均一に伸ばします。
6、土を何度かひっくり返して、のし棒で伸ばします。

LinkIcon板状の土を何枚も切り出す方法

LinkIconここがポイント2LinkIcon
手で伸ばす
土を横長に伸ばすときは、手のひらの元の方を使い、左右の方向に叩きながら伸ばします。こうすることで厚さを均一にします。上から叩きつけるだけですと、厚みが左右に移動するだけで、土の厚さを均一にできず、そのため広く伸ばすこともできません。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順3

【型紙の形に切る】

1、型紙を伸ばした土の上に乗せます。土を作業台に乗せるとき、作業台に片栗粉をふっておくと、後で土をはがすときに楽にできます。
2、3、4、型紙に沿わせて針を動かし、土を切ります。このとき、土の切り口が斜めにならないように、針の角度に注意しながら動かします。詳しくは[ここがポイント3]へ。あまった土は、底の部分として、あとで使います。
5、型紙をはがします。

【片栗粉をふる】

6、7、8、このあと、コップに巻きつける面に片栗粉を全面にふっておきます。

LinkIconここがポイント3LinkIcon
切り口をまっすぐに
針で土を切るときには、針先に神経を集中させ、針の角度を一定にさせます。針先がふらつくと、切り口がギザギザになってしまいます。針を動かす方向には斜めになってもよいのですが、土の切り口面に対しては内側や外側に斜めにならないよう注意します。針には、力をしっかりと入れ、ゆっくりと動かします。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順4

【コップに巻く】

1、2、3、4、扇形に切った土の弧の短い方を手前側にして置きます。コップの口を向こう側にして土に合わせます。 コップを転がして土を巻きつけます。切り口が合うように両手で軽く包み込みます。

【切り口をつなぐ】

5、つなぎ目の部分にくしで軽く斜めに交差する筋をつけます。詳しくは[ここがポイント4]へ。
6、もう一方のつなぎ目にもくしで同じように筋をつけます。
7、8、どべ(土に水を多めに加え、泥状にしたもの)をつなぎ目に塗ります。どべを筆に染み込ませ、つなぎ目に当ててどべをつけます。

LinkIconここがポイント4LinkIcon
つなぎ目の処理
つなぎ目をしっかりと接着させるために、つなぐ面に筋をつけます。くしを使い、斜めの筋をつけます。筋はつなぎ目の両側につけます。表面を荒らして接着面を広げます。この筋にどべを染み込ませることで、より強く接着させることができます。この方法は断面を接着させるための基本ですので、いろいろに応用できます。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順5

【どべをつける】

1、筆に染み込ませたどべを、つなぎ目に押しつけてつけます。詳しくは[ここがポイント5]へ。

【接着させる】

2、3、両手で土を包むようにして持ち、つなぎ目を合わせます。下側から、少しずつ包み込み、上側の向かって接着面を合わせていきます。このとき、あまり強い力を加えると土が歪んでしまいますので、軽く包み込みます。

【余分などべを取る】

4、つなぎ目からはみでたどべを、下から指でなぞりながら丁寧に取ります。
5、竹べらを下から上に一方向に動かし、つなぎ目をきれいに仕上げます。

【ふちを整える】

6、弓をふちに当て、型にしたコップからはみ出ている土を切り取ります。
7、ふちを整えるときは、弓を動かすのと一緒に、左手でコップを回すと、スムーズに作業ができます。
8、このように、ふちとつなぎ目をきれいに仕上げます。

LinkIconここがポイント5LinkIcon
どべの使い方
どべは、土に水を多めに加えて泥状にしたもので、のりの働きをします。このどべを使うことで、土をつなぐことができます。つなぎ目にくしで筋をつけた後、どべを筆でつけます。このとき、塗るという感じではなく、くしでつけた筋に、どべをつけた筆を軽く押し当て、どべを染み込ませます。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順6

【底の土を切り出す】

1、「板づくりの手順2」で板にした土の切れ端を使い、コップの底を切り出します。切れ端が底の大きさにたりないときは、手順2の方法で底用の板をつくります。コップを板に乗せます。
2、針を使い、底のふちに沿って土に軽く印をつけます。
3、コップをはずします。
4、5、印のラインから外側に2ミリくらいのところに針を差し込んで動かし、印より大きめに底を切り取ります。
6、周りの土を引っ張って取り除きます。

【底をつける】

7、コップの底側のふちに、くしを使って筋をつけます。詳しくは[ここがポイント6]へ。
8、コップの底のふちと接着する底の土の円周に沿って、くしで筋をつけます。

LinkIconここがポイント6LinkIcon
接着面にキズをつける
底を接着させるときにも、両方の接着面に筋をつけます。コップの底のふちに筋をつけます。底の土には、周囲にくしで筋をつけます。底の部分は、取れやすいので、やや深く筋をつけます。そして、しっかり接着させるために、「板づくりの手順7」の手順でどべをつけます。どべは、塗るというより染み込ませる感じでつけます。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順7

【どべをつける】

1、底の土にどべをつけます。筆にどべを染み込ませ、くしでつけた筋に染み込ませます。
2、コップの底のふちにも筆でどべを染み込ませます。

【底を接着させる】

3、コップを両手で持ち、慎重に底の土の上に乗せ、軽く押しつけます。
4、5、竹べらを下から上に動かし、少し大きめに切ってあった部分を竹べらで引き上げ、つなぎ目をしっかりと接着させます。

【型を抜く】

6、型にしているコップをはずします。手をコップに差し入れ、指を広げ少し回すような感じで引き上げます。
7、写真のように、底の部分のつなぎ目が見えないよう、丁寧に仕上げます。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順8

【つなぎ方1】

1、2、型紙をコップの円周より長めにつくり、土を長めに切り取ったときは、型になるコップに土を巻きつけたとき重なる部分ができます。こうした場合は、重なっている外側と内側の部分を同時に垂直に針で切ります。
3、余分な部分を取り、つなぎ目は手順4で解説した方法で接着します。

【つなぎ方2】

4、型にしたコップより、長めに土を切ったとき、つなぎ目になる一方の端に、斜めに切り込みを入れます。これを重ね合わせますが、重なる面には、くしで筋を入れておきます。詳しくは[ここがポイント7]へ。
5、筋をつけた部分に、筆でどべをつけて接着します。
6、接着部分が外側にふくらんだ形に仕上がります。

LinkIconここがポイント7LinkIcon
重ねて合わせるときの方法
「つなぎ方2」の場合、重なる部分に、くしで筋をつけます。重なりの内側になる部分に筋をつける場合、一度合わせて重なる部分に針などで目印をつけておくとよいでしょう。こうすることで、つなぎ目をきれいに仕上げることができます。筋をつけた部分にどべを染み込ませ、しっかりと接着させます。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順9

【形を整える】

1、こてを内側に入れ、外側に手を当てて、コップの形を整えます。また、内側のつなぎ目もしっかりと消します。
2、写真のように正円になるように形を整えます。

【内側の底を整える】

3、竹べらを用いて、内側の底のつなぎ目をなでるようにし、しっかりと接着させます。詳しくは[ここがポイント8]へ。
4、写真のように、つなぎ目が見えないように整えます。

【ふちを整える】

5、6、水に浸したなめし皮を親指と人差し指で支えて持ち、ふちをなでて締めます。なめし皮の持ち方は「ひもつくりの手順7」を参照してください。
7、ふちを丸く滑らかに仕上げます。
8、形を整え終わった状態です。

LinkIconここがポイント8LinkIcon
底を接着したあとの処理
写真2の内側の底には、底を接着させたときのどべが、少しあふれています。これを、竹べらを使ってきれいにします。竹べらの角になっている方をコップに差し入れ、底をなでます。竹べらについたどべはふき取ります。これを、何度か繰り返して、底のどべをきれいにします。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順10

【底の部分を整える】

1、土を軽く押して凹まないくらいに乾いたら、手ろくろの中心にコップを伏せて乗せます。
2、3、かんなを使って底のふちを削ります。コップの自然な縦のラインに沿って、底の部分の出っぱりを削り、形を整えます。このとき、乾いたときにできた歪みがあれば、縦のラインも削って形を整えます。削り方は、「ひもつくりの手順10」を参照してください。
4、5、仕上げに、底のふちの角を面取りします。こうすることで、本焼きしたとき、釉薬が流れて棚板にくっつくことが少なくなります。詳しくは[ここがポイント9]へ。
6、コップを伏せたまま、のみ口の部分に紙テープでマスキングをします。上と下とでは円周が違うためにテープにシワができます。そのシワを寄せながら貼ります。
7、マスキングの仕上がりです。

LinkIconここがポイント9LinkIcon
底のふちの面取り
板づくりのコップでは、高台を削り出しません。そのかわりに、底のふちを面取りします。これによって、本焼きしたときに、釉薬が底まで垂れるのを防ぎます。面取りは、かんなを45度に当て、角度がブレないように削ります。
かんなの角度がブレると、角が丸くなり、きれいな面取りになりません。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順11

【円形定規をつくる】

1、適当な大きさの紙にコップを伏せて置きます。鉛筆でふちをなぞります。
2、鉛筆の線に沿って、はさみで切り抜きます。
3、円形に切り抜いた紙を折ります。折り方は「ひもつくりの手順11」を参照してください。折った紙を広げ、折り線部分とその中間に印をつけます。

【印をつける】

4、円形紙定規をコップの口に当て、コップのふちに3で印をつけた同じ部分に鉛筆でマークします。詳しくは[ここがポイント10]へ。

【コップに線をひく】

5、ふちの印に合わせて、コップの外側に定規を使って鉛筆で垂直の線をひきます。

【線を削る】

6、針の太い方を使い、鉛筆の線に合わせて削り、深さ1ミリくらいの溝を刻みます。
7、刷毛で、削った溝の中に残っている土の粉を取り除きます。

LinkIconここがポイント10LinkIcon
円形定規の使い方
紙で作った円形定規をコップのふちに合わせて重ねます。円形定規に印をつけた部分に合わせて鉛筆でコップのふちにマークします。円形定規は動かないよう、手で包み込むようにしっかり押さえます。このときに、より細かな筋を刻みたいときは、円形定規の印と印の間を目安に、コップ側に鉛筆でマークをつけます。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順12

【黒化粧泥を塗る】

1、黒化粧泥を塗ります。
2、黒化粧泥を器に移し、刷毛で溝に押しつけるように塗ります。ここでは、刷毛で全体的に黒化粧泥を塗っていますが、細い筆を使い、溝に流し込むように塗ったり、針を外した注射器で溝に流し込む方法もあります。
3、溝に沿って塗るだけでなく、刷毛を横に動かし溝に黒化粧泥をつけます。ところで、このコップでふちをマスキングしているのは、デザイン的な意味もありますが、ふちに化粧泥の水が染み込むのを防ぐためです。化粧泥は水分が多いため、乾いた土に塗ると水分が吸い込まれ、ふちのところにヒビが入る可能性が高いのです。
4、黒化粧泥が触ってもベタベタしない程度に乾いたらマスキング・テープをはがします。

【黒化粧泥を削る】

5、表面の黒化粧泥をかんなで削ります。溝の深さ以上に削り取ると線が消えてしまうので注意します。詳しくは[ここがポイント11]へ。
6、溝以外の黒化粧泥をきれいに削ります。

LinkIconここがポイント11LinkIcon
削り方
ここでのポイントは、余分な化粧泥を削り取り、溝の中の黒化粧泥を、きれいな筋として浮き上がらせることです。かんなをコップに軽く当て、小刻みに動かして黒化粧泥を削ります。形を整えるときのように、大きくかんなを動かしたり、力を入れすぎると、溝の中にある黒化粧泥まで削ってしまうので、注意が必要です。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順13

【素焼きの後の処理】

1、素焼きをしたものです。
2、黒化粧泥を削った面は、表面にざらつきができます。そこで、粗めのヤスリで表面を研きます。また、黒化粧泥を削ったときに削り取れずに残ってしまった部分があれば研いて取ります。
3、研いたら、表面についた粉を、水を染み込ませ、きつくしぼったスポンジでふきます。
4、スポンジを一方向に動かし、表面の粉やホコリをふき取ります。ホコリを取ることで、釉薬のつきがよくなります。
5、内側のホコリもふき取ります。あまり、ふきすぎると、水分がコップに染み込み、釉薬の吸い込みが悪くなるので注意します。

【底に撥水剤を塗る】

6、7、コップを釉薬に浸す前に、釉薬をつけたくない底に撥水剤を塗ります。詳しくは[ここがポイント12]へ。

LinkIconここがポイント12LinkIcon
撥水剤の使い方
底の部分に釉薬がついたままで本焼きをすると、底と棚板がくっついてしまいます。そこで、底に撥水剤を塗ります。ただ、撥水剤がついた部分は釉薬がかからないので、底以外につかないよう充分に注意します。塗り方は、撥水剤を筆に含ませ、筆を横に寝かせる感じで素早く染み込ませます。一度塗れば効果があります。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順14

【釉薬を撹拌する】

1、釉薬(白鳳マット釉)を丁寧にかき混ぜます。ポリ製のビンに入っているものは、バケツに移す前にビンをよく振って撹拌しておきます。バケツに入っているものは、ひしゃくで、充分にかき回して撹拌します。撹拌は釉がけするたびに、丁寧におこなうようにします。

【釉がけ】

2、コップの底とふちの部分に指をかけて持ちます。
3、コップが横になったまま釉薬の中にコップ全体を沈めます。こうすることで、外側と内側を一度に釉がけできます。
4、10秒ほど浸けたら、ゆっくりと引き上げます。
5、ふちをやや下にして持ち、余分な釉薬を充分に切ります。

手順一覧へLinkIcon

陶芸、板づくり(コップ)の手順15

【指あとの修正】

1、釉薬をかけたあと、乾くのを待って板に乗せます。釉薬が白くなってきたら乾いたサインです。
2、釉薬にコップを浸したときに指で持っていた部分には釉薬がかかっていないので、筆に釉薬をふくませ、釉薬がかかっていない部分に当てます。

【釉薬のムラを直す】

3、4、釉薬が乾くと、表面にプツプツと小さな穴が開くことがあります。そのときは、指でこすって、表面を滑らかにします。

【本焼き後の処理】

5、本焼きをした後、底の部分にギザギザができていることがあります。そのときは、目の粗い砥石(金剛砥)で研いで滑らかにします。 仕上がり。

手順一覧へLinkIcon





陶芸作品の案内

茶碗、コップ、皿
花器,樹器など
雑貨、日用品 
アート、オブジェ

陶芸用品の案内

粘土 陶芸土
陶芸道具
釉薬
電気窯

その他