沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

北海道 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

全国には数百箇所にも上る教室があります。教室のスタイルもいろいろ
ご自分にあった教室が見つかると思います。

全国の体験陶芸、教室一覧

北海道 陶芸教室、体験

教室名   住所    電話番号

作陶塾草炎房 北海道苫小牧市日新町1丁目4-16 0144-76-0450  
工房倫土 北海道札幌市西区山の手3条12丁目3-56 011-611-2031  
北川学園帯広美術工芸学院 北海道帯広市東3条南4丁目3-1 0155-23-4156  
いちのまる陶房 北海道札幌市北区新琴似6条8丁目3-5 011-761-6014  
アトリエ・とうらく陶芸教室 北海道札幌市中央区南2条西28丁目1-11 011-615-7837  
アトリエ陶 北海道江別市元野幌919 011-384-1259
芦別市役所陶芸センター 北海道芦別市旭町油谷2 0124-22-0633  
アトリエ秋桜窯 北海道中川郡幕別町字千住397-92 0155-56-7030  
野幌陶芸社 北海道江別市野幌町9-13 011-382-2737
(株)陶芸ハウスところ 北海道北見市常呂町字土佐2-34 0152-54-2272
陶芸サークル憬楓窯 北海道札幌市東区北25条東18丁目8-18 011-785-8014  
陶芸教室ぶぁかぶぉん 北海道札幌市西区発寒8条10丁目3-7 011-668-7666
陶芸教室コスモス 北海道札幌市中央区宮の森1条4丁目1-10 011-643-8027  
手びねりの店繁陶 北海道札幌市清田区里塚2条3丁目6-8 011-883-7217  
手の温もりノ器 北海道北見市常盤町1丁目2-20 0157-22-7700  
ていね窯 北海道札幌市手稲区前田4条10丁目8-20 011-682-3188  
暢章窯 北海道旭川市錦町13丁目2950-8 0166-51-7783  
千草屋 北海道石狩郡当別町字上当別 0133-23-3417  
SUSU窯 北海道夕張郡栗山町字湯地30-54 0123-72-6888  
しらおい窯はしもと陶芸 北海道白老郡白老町字竹浦118-146 0144-87-4975
逍遙窯・米倉幸子 北海道札幌市清田区里塚3条6丁目2-3 011-882-8850  
手工芸の館 北海道北見市常呂町字土佐2-34 0152-54-2272  
下川町陶芸センター 北海道上川郡下川町錦町 01655-4-2121  
札幌ちひろ窯・陶芸教室 北海道札幌市厚別区厚別中央3条3丁目3-10 011-896-2802
陶 studioTADA 札幌市中央区南16条西8丁目1-30 090-7512-2761
絽庵陶芸教室/権兵衛窯陶芸教室 北海道登別市上登別町42 0143-84-2719  
るり工房 北海道札幌市南区川沿10条3丁目2-1 011-571-8852  
陽窯陶芸教室たかの陽子 北海道札幌市中央区南3条西27丁目1-14 011-765-8828  
夢陶姫 北海道札幌市北区新川4条4丁目1-61 011-765-8828  
宮の森鼎窯 北海道札幌市中央区宮の森2条13丁目10-25 011-621-8404  
北海ありそ焼愉楽窯 北海道札幌市東区北22条東18丁目4-8 011-784-1600  
(株)ほくとう 北海道札幌市東区北16条東7丁目2-5 011-723-6236
北路窯陶芸教室 北海道斜里郡小清水町字浜小清水123 0152-64-2067  
はこだて工芸舎 北海道函館市元町32-5 0138-22-7706
ノーザンホースパーク陶芸工房 北海道苫小牧市字美沢114-7 0144-58-2322  
陶真窯 北海道札幌市白石区北郷2条11丁目8-3 011-873-5412  
陶工房SHIMOZAWA 北海道札幌市豊平区平岸3条7丁目2-1 011-815-6777
陶弘房ぐろったひろきいろ 北海道函館市柏木町5-9 0138-51-8255
陶芸広場赤ぴーまん 北海道札幌市中央区北2条西3丁目1 011-222-7488

北海道 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

●北の嵐山
北の嵐山(きた-あらしやま)(工芸・庭園・茶房~四季折々の里物語)は、北海道旭川市旭岡(あさひがおか)一帯の愛称名。旭川市内を一望できる嵐山(本名は弓なり山)の麓にあることからその愛称がついていた。明治時代の開拓当時に行われた煉瓦づくりに起源があるとされている。
陶器は雪や氷などをイメージした北国らしい作風に大きな特徴がある。陶器だけではなく、木製品・染色工房・ガラス工房・ギャラリーや喫茶店などが点在していて、一帯はお洒落で落ち着いた雰囲気が漂っている。
住宅地は木が多く、軽井沢町の別荘地や湯布院のような佇まいである。
2010年(平成22年)8月4日に嵐山陶芸の里から改称した。

●小樽焼
●こぶ志焼