沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

熊本県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

全国には数百箇所にも上る教室があります。教室のスタイルもいろいろ
ご自分にあった教室が見つかると思います。

全国の体験陶芸、教室一覧

熊本県 陶芸教室、体験

教室名   住所    電話番号
嶺風山窯 熊本県熊本市大窪5丁目2-5 096-345-1505
はなぶさ窯 熊本県熊本市坪井5丁目9-23 096-343-1948  
にんじん村 熊本県熊本市御領8丁目6-25 096-389-7337  
南風窯 熊本県上益城郡甲佐町大字上早川1551-2 096-234-4461  
陶芸と文化の森 熊本県熊本市上通町8-14-3F 096-212-5300
陶芸・伊呂波 熊本県熊本市新町2丁目12-26-1F 096-356-8811  
土のあとりえ志保 熊本県熊本市鶴羽田町685-42-1F 096-345-2060  
竜田窯 熊本県熊本市龍田5丁目4-59 096-338-6652  
純一窯 熊本県熊本市黒髪7丁目8 096-321-8181  
シンザンガマコウボウユウユウ 熊本県山鹿市古閑1548 0968-44-0343  
三郎窯 熊本県玉名市玉名1764-1 0968-73-1575  
こころ工房 熊本県八代市大手町1丁目59-2-1F 0965-31-7811

熊本県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

●小代焼
小代焼(しょうだいやき)は熊本県荒尾市、南関町、熊本市など県北部で焼かれる陶器。小岱焼とも表記し、いずれも正しい。寛永9年に豊前から転封された細川忠利が陶工の牝小路家初代源七、葛城家初代八左衛門を従え、藩主の命によって焼き物を焼かせたのが始まり。粗めの陶土に、茶褐色の鉄釉で覆い、その上に藁や笹の灰から採った白釉や黄色釉を、スポイトや柄杓を使って流し掛けする、大胆かつ奔放な風合いの食器で知られる。
明治維新後は有田や瀬戸といった磁器産地に押され廃窯となってしまったが、昭和になって近重治太郎、城島平次郎らの努力によって復興を遂げた。2003年に経済産業省指定伝統的工芸品に指定された。
様々な呼び名
小代焼は小岱焼とも呼ばれる。歴史的な呼び名は前者であるが、中興の祖の一人でもある城島氏が、荒尾の象徴でもある小岱山の「岱」の字を「代」から置き換えたため、今日では二通りの表記が通用する。
また、小代焼は五徳焼とも言われる。これは小代焼は腐らない、臭いが移らない、湿気を防ぐ、毒消しの効果がある、延命長寿につながると五つの利点が見られたことに因み、装飾性と実用性を兼ね揃えた生活什器であったことを窺わせる。

●高田焼
高田焼(こうだやき)は熊本県八代市で焼かれる陶器で、八代焼(やつしろやき)ともいう。焼き物には珍しい象嵌を施すところが特徴。
概要
文禄の役の後に加藤清正に従って渡来した尊楷(上野喜蔵高国)が、利休七哲の1人で茶道に造詣の深い小倉藩主細川忠興(三斎)に招かれ、豊前国上野で上野焼(あがのやき)を始めた。
寛永10年(1633年)、忠興が息子・細川忠利の肥後熊本転封に伴って肥後国八代城に入ったのに従い、上野喜蔵も長男の忠兵衛とともに八代郡高田郷に移って窯を築いた。これが高田焼の始まりで、その後は代々熊本藩の御用窯として保護された。明治25年(1892年)、窯を陶土の産地八代郡日奈久へ移した。
初期は上野焼の手法を用いていたが、後に高田焼の特色でもある白土象嵌の技法を完成させた。現在もこの流れを汲む技法を堅持しつつも、新たな彩色象嵌を開発するなどして発展を遂げている。
高田焼の特色
白土象嵌
高田焼は一見、青磁のように見えながら陶器であるのが特色。また、白土象嵌とは成形した生乾きの素地に模様を彫り込み、そこに白土を埋め込んで、余分な部分を削り落とした後に透明釉をかけたもので、独特の透明感と端正さがあり、かの高麗青磁を彷彿させる。

●天草陶磁器(内田皿山焼/水の平焼/高浜焼/丸尾焼)
天草陶磁器(あまくさとうじき)は熊本県天草地方で焼かれる陶磁器類の総称で、国の伝統的工芸品に指定された際に、新たに名付けられることになった呼び名である。内田皿山焼(うちださらやま)、高浜焼、水の平焼(みずのだいら-)、丸尾焼の四つが主な産地であり、良質の陶石が採れたことから焼き物作りが盛んになった。
産地の紹介
内田皿山焼
九州最古の磁器産地で、17世紀まで遡るといわれる。周辺には窯跡が多く、無数の陶器片が出土。その後は廃絶するが、昭和45年に復興。昭和56年には熊本県の伝統工芸品となった。青磁や白磁、染付などを焼く。
高浜焼
1762年の開窯で、地元高浜の庄屋、上田伝右衛門が肥前国から陶工を招いて、磁器を焼かせたのが始まり。質が良かったため、長崎奉行に目を留められ、オランダ向けの輸出品を中心に焼いた。その頃の代表作が絢爛な染錦手である。明治中期に廃窯、昭和27年に陶石販売を行っていた上田陶石合資会社が復興に漕ぎ着けた。白い器肌に呉須で彩られた意匠が特徴。キリシタン文化を意識したハイカラなデザインで知られる。
丸尾焼
江戸末期の開窯。生活にとけ込んだ民芸品を焼いた。今日では形に囚われない様々な陶器を焼いている。
水の平焼
明和2年の開窯。青黒い器肌が特色の海鼠釉を用いる陶器産地で、その元祖ともいわれる古窯。赤海鼠は代表的な釉薬である。

●傳八顕元焼=瀬越焼<右田傳八、別名「一勝地焼」>
肥後国平山窯・肥前国大村領三俣皿山・肥前国唐津・薩摩国高崎加治 木竜門司窯・川原十左衛門種甫(陶号は芳工)などと関係あり  安永五年、右田傳八顕元が開窯

●城下焼<右田傳八顕元のち榎本永助、別名「城本焼」>
寛政初、榎本永助は城本風呂坂上に窯築替

●壺屋焼<鶴田氏、別名「上村焼」>
承応二年四月八日、(つぼや)金左衛門   宝永六年五月二十八日、つほや藤八  明和四年四月、壺屋儀右エ門  寛政三年断絶、四年に最所利助が相続(利助母は、右田傳八顕元の妹)

●田上焼<椎葉郡七、別名「湯前焼」>
天保四年三月、湯前椎葉郡七     明治初期~大正期

●球磨陶器五窯(江戸~明治初期)
●神瀬焼<不明、一説に秋山八郎、別名「高沢焼」>
●願成寺馬場壺屋<井上次六>
●宇土陶磁器
●網田焼