沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

鳥取県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

全国には数百箇所にも上る教室があります。教室のスタイルもいろいろ
ご自分にあった教室が見つかると思います。

全国の体験陶芸、教室一覧

鳥取県 陶芸教室、体験

教室名         住所              電話番号
むめい窯陶芸教室 島根県松江市浜乃木6丁目18-3 0852-27-5425
ふれあい陶芸工房 島根県江津市波子町イ767-2 0855-53-4538  
陶風舎 島根県松江市下東川津町55-8 0852-28-3624  
陶工房美晏古 島根県簸川郡斐川町大字出西398 0853-72-5035  
だんだん工房 島根県松江市宍道町東来待1663 0852-66-1489
来待ストーン夢工房・来待窯 島根県松江市宍道町東来待1574-1 0852-66-3731
あとりえ・陶遊庵 島根県松江市法吉町527 0852-29-0602

鳥取県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

●因久山焼
因久山焼(いんきゅうざんやき)は、鳥取県八頭郡八頭町(旧・郡家町)にて焼かれる陶器。
概要
歴史は非常に古く、奈良時代から窯場が開かれていたと伝えられる。名は窯元が置かれていた久能寺の山号である因久山に因み、池田藩より名を拝領した。江戸時代の明和年間に、京の陶工、六兵衛が御室焼の技術を伝えたのが草創とされる。以後は池田藩の御用窯として庇護され、発展を遂げた。寛政年間には信楽から陶工を呼び、技術を採り入れている。現在は窯元こそ一つしか残っていないが、一度も廃窯することなく、連綿と技法が受け継がれている。
因久山焼の特徴は、多彩な釉薬にある。原料の粘土は鉄分を多く含むために、素地はくすんだ赤褐色気味だが、藁灰釉、辰砂釉などを用いることにより、格調高い意匠となる。特に御室焼の流れを汲んでいるために、華道の花瓶や一輪挿しなどに名器が多い。

●牛ノ戸焼
牛ノ戸焼(うしのとやき)は鳥取県鳥取市河原町にて焼かれる陶器。
概要
天保年間に因幡の陶工、金河藤七によって開窯。その後は小林梅五郎に継承された。以後、二代、三代と徳利や擂り鉢などの日用雑器を焼いていくが、四代目の時に継続困難になる。しかし、民芸運動を行っていた吉田璋也、柳宗悦、バーナード・リーチらの激励、指導の甲斐あって窯を絶やすことなく、後に継がれている。トレードマークの梅紋は初代から継承されている刻印である。
牛ノ戸焼は「用の美」を追求した作品であり、芸術性より実用性において評価を得ている。しかし、素朴ながら緑と黒を半々に振り分けた釉薬はどこかモダンさを感じ、センスの高さを窺わせる。他にはイッチン描き(筒描き)も見られる。島根県の布志名焼や出西窯らと同様、民芸運動家たちの影響が強い焼き物である。

●浦富焼
●上神焼
●法勝寺焼