沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > と用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

"倒煙式窯
読み方:トウエンシキカマ
昇煙式窯(例えば徳利窯など)に対する言葉。最初、窯の焚口で発生した火炎は周囲の壁に沿って上昇して天井に達し、さらに窯底に向い下降し、その間に器物を加熱し、次に窯の下部に配置された多数の吸い込み穴から主煙道や枝煙道を通って煙突に向い、その間、詰められた器物を加熱する。この構造の窯では吸い込み穴や主煙道、枝煙道が配置されることによって窯内焼成温度の上昇が均一化される。"
"陶器
読み方:トウキ
粘土や土を原料に硬化あるいは焼固させて作った器物の総称。"
"陶芸
読み方:トウゲイ
造形の一分野としてのやきものを含むクレイワーク。"
"豆彩
読み方:トウサイ
中国で15世紀後半に始められた色絵付。青豆に似た瑞々しい淡緑色を主とした彩釉で文様(花、小鳥、蝶、鶏など)を描いた。"
"唐三彩
読み方:トウサンサイ
中国唐代(7~10世紀初)に作られた軟質陶器。純白の素地に直接、緑・白・茶・藍などの低火度釉をかけて焼く。"
"陶磁器
読み方:トウジキ
やきものの総称。"
"陶石
読み方:トウセキ
我国の磁器の主要原料。"
"陶土
読み方:トウド
陶磁器をつくるのに適した粘土類。磁器用の粘土は磁土という。"
"陶板
読み方:トウバン
陶磁器製の薄い板。"
"トケ
読み方:トケ
叩き成形の時に使う当て板。"
"常滑焼
読み方:トコナメヤキ
愛知県常滑市を中心に知多半島一帯で生産されるやきもの。始め、奈良末期から平安時代にかけて須恵器と灰釉陶器を焼いた我国最大の窯業地・猿投群窯の支窯としてスタートした常滑焼は、平安末期から鎌倉時代にかけて中世古窯址群としては推定三千基以上にのぼる築窯跡を誇る当時随一の窯業地として繁栄した歴史をもつ。江戸後期には連房式登窯も導入された。明治初期、中国人金士恒が朱泥急須を伝授し、また鯉江方寿が英国式真焼土管の大量生産を開発した。二十世紀に入ると、倒炎式石炭焼成角窯が導入され、全国生産の過半を占める土管のほか火鉢、植木鉢、さらにタイルなど建築用陶器も量産、常滑窯業地は活況を呈した。"
"トチ
読み方:トチ
窯詰め道具の一種。焼成時に、器物が床に熔着したり、反りや歪みが出ないように器物を載せる台。"
"飛鉋
読み方:トビカンナ
ろくろに成形器物を据えて、ヘラで削りを入れる時、ヘラの角度を大きくするとヘラはろくろの回転する遠心力でチョンチョンと撥ね上げられて、器面に削り文様がつく。この操作を意図的に行う加飾技法。"
"共箱
読み方:トモバコ
書画骨董で、作品を制作した作者自身が箱書をして作品を収めた箱。"
"鳥足
読み方:トリアシ
焼成完了後、数日も経ってから上絵付窯焼成器物にあらわれてくる深い裂線疵。"
"取皿
読み方:トリザラ
鉢物や大皿に盛った料理を取り分けるための小皿。"
"トンネル窯
読み方:トンネルカマ
(1)大量生産用の連続式焼成窯。長大なトンネル内を器物を積載した台車が徐行し、その間、自動制御装置による予熱、焼成の作業工程が連続的に進行して焼成が完了、続いて冷却工程を経て完成品がトンネルの他端から出る。この作業が連続的に繰り返され、効率的にセラミック製品をマスプロできる。(2)中国や朝鮮にある旧式のトンネル窯は窖窯の発達したもので細長い登窯。"
"トンボ
読み方:トンボ
器物の深さや口径を測る道具。"
陶芸教室体験,陶芸療法