沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > た用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

"胎
読み方:タイ
素地。釉のかからない部分。"
"耐火粘土
読み方:タイカネンド
耐火度の高い粘土。厳密には耐火度SK26(1580度)以上の粘土をいう。"
"胎土
読み方:タイド
素地土。"
"堆白線文
読み方:タイハクセンモン
イッチン描き装飾法。磁州窯などで盛んに用いられた。"
"高取焼
読み方:タカトリヤキ
福岡県を代表する陶窯。豊臣秀吉の文禄・慶長の役(1592~1598)後、筑前藩主黒田長政の指示で、朝鮮から連れ帰った陶工八山(和名・高取八蔵)に鷹取山麓に永満寺宅間窯を慶長11年(1606)築窯させたのが発祥とされる。寛永7年(1630)白旗山窯が築かれ、小堀遠州の影響を受けた、いわゆる遠州高取の作品を焼いた。茶入、水差、茶碗、向付、手鉢など茶具に轆轤技に優れた雅味のある佳品が多く、陶質は緻密で、光沢のある褐色釉と白濁釉を組み合わせて肌のしっとりとした独特の作風は瀟洒な風格をもつ。"
"焚上
読み方:タキアゲ
焼成最終段階に目標温度まで上げていく窯焚法。"
"叩き
読み方:タタキ
成形しようとする器物の内側に当板を当て、外側から叩板で器物の外面を叩きながら造形する陶芸技法。"
"タタラ
読み方:タタラ
板状もしくは帯状の粘土。タタラを必要な形に切ったり、貼ったりして器物を板作りする。"
"タタラ板
読み方:タタライタ
タタラを作るための板。"
"田土
読み方:タツチ
田圃の底から採掘した粘土。キメが細かく鉄分の多い粘土で水簸して有色炻器を作る。"
"棚板
読み方:タナイタ
器物を窯で焼成する時、棚積みする窯詰に使う耐火物製の棚。"
"単窯
読み方:タンガマ
単室窯。登窯がいくつもの間の連房式になっているのに対し、単一間(単房)の焼成窯をいう。"
"丹波焼
読み方:タンバヤキ
兵庫県多紀郡今田町を中心とした窯場のやきもの。須恵器の流れを汲む日本六古窯のひとつで、開窯は鎌倉時代初期の十二世紀末。茶褐色の素地にビードロ状の自然灰釉が肩にかかった重圧なものが多い。江戸期の寛永年間(1624~44)の一時期、小掘遠州好みの茶器も焼かれ茶人間では遠州丹波という。丹波焼の装飾方法は型押、釘彫、葉形、イッチン(鉄釉や赤い糊上の土・赤ドベの上に、ドロドロの化粧土を竹筒に入れたもので文様を盛り描きする)、鉄絵、白泥絵、流し釉(成形して半乾きの頃、釉薬を掛けた上に異なった色の飴釉を交互に落とし、それを手早く左右に振り文様を作る)、貼付(化粧掛けと同質の白土で作った粘り土を器物に張り付けて焼く)など多彩。"
陶芸教室体験,陶芸療法