沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > そ用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

"宋三彩
読み方:ソウサンサイ
中国宋代に作られた鉛釉の多彩軟陶。使用される彩釉は緑、白、黄、褐色などの明色で二色、四色のものもあり必ずしも三彩とは限らない。"
"宋磁
読み方:ソウジ
中国宋時代の陶磁器の総称。"
"双耳壺
読み方:ソウジツボ
壺の肩に二つの耳のついたもの。"
"走泥社
読み方:ソウデイシャ
第二次大戦後の1948年、京都で結成された前衛陶芸団体。八木一夫を中心に鈴木治、山田光、叶哲夫、松井美介らが創立に参加。"
"相馬焼
読み方:ソウマヤキ
福島県相馬市中村で焼かれる相馬駒焼と双葉郡浪江町大堀の大堀相馬焼がある。陶土は木節系粘土、釉薬は浪江町で採れる砥山石を用いる。製品は貫入があるが堅牢。"
"粗陶器
読み方:ソトウキ
精陶器に対して粗い未処理の粘土でつくられた陶器。"
"蕎麦
読み方:ソバ
朝鮮の高麗茶碗の一種。蕎麦茶碗、蕎麦井戸、蕎麦糟などともいわれる。素地は微量の鉄分を含んだ粗いざらついた土で白い珪砂粒がある。普通、淡い青鼠色だが酸化して黄褐色のものもあり口の広い平らな形。釉に艶がなく、素地の肌や色合いが蕎麦に似ているからこの名がついたという。"
"蕎麦釉
読み方:ソバクスリ
鉄釉の一種。黄緑色に小黒斑のある釉で冷却過程で結晶が析出するため施釉面に光沢がなく蕎麦に似ているのでこの名がある。焼成中の窯内の酸素供給状況で「青ソバ」(還元炎)になったり、「黄ソバ」(高温の酸化炎)になったりする。"
"蕎麦猪口
読み方:ソバチョク
向付の一種。蕎麦汁入れや湯茶を飲む汲出茶碗代わり、飲酒など多目的に用いられる食器。"
"蕎麦手
読み方:ソバデ
蕎麦釉のかかった半磁胎の胎土を用いた陶器。"
"染付
読み方:ソメツケ
白素地に呉須やコバルト顔料で絵付けをして、その上に透明釉をかけ焼成した陶磁器。"
"染錦
読み方:ソメニシキ
染付に錦手(赤、緑、黄、紫、青などの透明フリットを用いた上絵具で釉面上に彩飾したもの)の加わったもの。"
陶芸教室体験,陶芸療法