沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > し用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

"信楽焼
読み方:シガラキヤキ
滋賀県甲賀郡信楽町を中心として中世から現代まで焼かれる陶磁器の通称。長石を含んだ白色の信楽胎土は良質で、高火度の酸化炎により焦げて赤褐色の堅い焼締め肌になり、本来は無釉だが、焼成中に薪の灰がかかる自然釉が淡黄、緑、暗褐色などを呈し器物の景色を豊かにする。また、水簸をおこなわない胎土中の粗い長石粒が溶けて乳白色のツブツブになる景色も信楽焼の一つの特徴となっている。特に茶人武野紹鴎は信楽焼を愛好し、茶器を焼かせ、また、千利休は自らの意匠による利休信楽を作り、桃山期には信楽焼による茶道具の優品が制作された。"
"四君子
読み方:シクンシ
伝統的な東洋画や東洋の陶磁器の画題に選ばれた、蘭・竹・梅・菊の四種の植物。"
"自然釉
読み方:シゼンユウ
燃料の薪の灰が焼成中の器物の素地に付着して自然に釉がかかった状態になったもの。"
"下絵付
読み方:シタエツケ
釉を施す前の素地に絵付けをすること。"
"失透
読み方:シットウ
釉が高温から冷却される途中で結晶の析出で釉表面が白く不透明になることがある。このような結晶化現象を失透という。"
"志野
読み方:シノ
美濃(岐阜県土岐市・多治見市・可児市付近)で焼かれる、白い半透明の長石釉を厚く施した陶器の総称。特徴は、白色の粗い素地に、白色の粗い素地に、白い長石釉がたっぷりと掛かり、釉調がしっとりして、きわめて日本的なやきもの。焼成温度や雰囲気により黒色、赤色、鼠色、褐色などに発色する。志野のやきものには多く大平や大萱で、採れた「もぐさ土」が使われた。もぐさ土は成形は難しいが、焼き上がるとざっくりしたヴォリューム感がある柔らかく軽い志野焼となる。"
"写真焼付
読み方:シャシンヤキツケ
写真膜の未感光部分に顔料を撒き、これを陶磁器面に転写する陶磁器写真の焼付。"
"シャモット
英語表記:chamotte
読み方:シャモット
焼粉。耐火粘土を焼成、粉砕したもの。急加熱・急冷却に耐える素地づくりに使う。"
"朱泥
読み方:シュデイ
赤色無釉の炻器質のやきもの。尾張常滑焼、佐渡無名異焼、伊勢万古焼などが有名。器種は、急須などが多い。"
"昇焔式窯
読み方:ショウエンシキガマ
昇焔窯。窯内の火焔が焼成室の器物の間を通って天井に開けられた吸い込み穴を通り、煙突または2階に抜ける方式の窯。"
"焼成
読み方:ショウセイ
器物を窯に入れて高温で焼くこと。目的は、加熱により素地を堅く焼き固め、釉など生原料を熔融・分解し、発色、不要物質(結晶水、有機物など)を放出・揮発させる。"
"祥瑞
読み方:ションズイ
染付磁器の茶器の最良品とされる。中国景徳鎮で作られた。器の底に「五良大甫 呉祥瑞造」の銘のものがあるところからこれら染付茶器を祥瑞または祥瑞手という。"
"白玉
読み方:シラタマ
フリット(釉薬の原料を前もって熔融してガラス状にしたもの)を砕いて細かい粉末にした媒熔剤の一種。素地、釉、上絵具などに混ぜ、それらの熔融度を低くするために使う。"
"白化粧
読み方:シロゲショウ
有色素地の表面上に白色の陶土を薄くかけて白く見せること。生掛けの場合と素焼後に掛ける場合がある。"
"白薩摩
読み方:シロサツマ
薩摩焼のうち、白土に透明釉が掛り、細かな貫入が全面に入っているもの。昔は、白物と呼ばれ、藩主の専用品に限られた。"
陶芸教室体験,陶芸療法