沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > こ用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

"古伊賀
読み方:コイガ
伊賀焼のうち、16世紀後半の桃山時代から17世紀前半の江戸時代初期までに焼かれた茶陶を主体にしたやきもの。"
"古伊万里
読み方:コイマリ
我国の磁器発祥地・有田一帯の皿山(窯場)で焼かれた磁器である伊万里焼の初期のものを指すが、初期という言葉の範囲については異なって使われる場合がある。"
"光悦
読み方:コウエツ
本阿弥光悦。1558~1637(永禄元~寛永14年)桃山・江戸初期の芸術家。京都の人。家業の刀剣鑑定のほか書画、茶道、香道、花道、陶芸、漆芸など様々な分野にわたり近世初期の日本美術史上に偉大な足跡を残した。"
"高火度磁器
読み方:コウカドジキ
SK(ぜーゲル)12(1350度)以上の高温で焼成する硬質磁器。"
"香合
読み方:コウゴウ
香を入れる蓋付きの容器。練香入れの陶磁器の名物には青磁、交趾、赤絵、染付、祥端など、和物には楽焼、志野、織部、黄瀬戸、伊賀、信楽などがある。"
"硬質磁器
読み方:コウシツジキ
磁器を硬度により分類する考え方に基づき、硬度が著しく大きい特徴をもった磁器。"
"硬質陶器
読み方:コウシツトウキ
長石質陶器。高純度の可塑性白発色粘土、カオリン、長石、石英からなる素地を1100~1200度で焼成する。"
"高台
読み方:コウダイ
糸底、糸尻と呼ばれる。碗や皿、鉢などの底につけた基台。輪高台(円形)四方高台(四角形)蛇の目高台(高台の最低部の畳付の部分が幅広い円形になっている)竹の節高台(竹の節目模様を表現した)撥高台(高台が畳付に向かい三味線の撥のように末広がりになる)釘彫高台(高台内を釘で渦巻き状に彫ったもの)割高台(内側を削らずに欠割ったもの)三日月高台(削り出しの時轆轤の中心を外れた為、高台の周囲が三日月状の不整形な円になったもの)切高台(高台の輪の一部を切り取った)あるいは色鍋島の櫛高台など種々ある。"
"高台脇
読み方:コウダイワキ
茶碗の腰から高台までの部分。"
"交趾焼
読み方:コウチヤキ
中国明時代、交趾支那など南中国産の色釉三彩軟陶で交趾貿易船で舶載した器物を江戸期の茶人はこう呼んだ。"
"高麗青磁
読み方:コウライセイジ
朝鮮半島で高麗王朝時代(918~1392)に焼かれた青磁。"
"高麗茶碗
読み方:コウライチャワン
朝鮮半島で焼かれた茶の湯茶碗。"
"黒彩
読み方:コクサイ
中国磁器の黒地に、三彩あるいは五彩で色絵を焼付けたもの。"
"黒陶
読み方:コクトウ
表面に炭素が付着するか、素地内に炭素が沈着して黒色を帯びた土器。"
"焦
読み方:コゲ
炻器系のやきもの(備前、信楽、伊賀など)の器面に青黒く焦げたように現れる焼成現象。強い火度、強炎、降灰などにより起こる。"
"腰
読み方:コシ
器物の下部から底部または高台までのこと。"
"古瀬戸
読み方:コゼト
鎌倉・室町期の瀬戸施釉陶器を指す。"
"古染付
読み方:コソメツケ
中国から渡来した古い染付。"
"骨灰
読み方:コッパイ
牛骨を水で煮弗後乾燥焼成した白い微粉灰。ボーンチャイナの白色度と透光性を増すために素地原料として使われる。"
"骨描
読み方:コツガキ
絵付描法で、まず輪郭線を描きその中に色を埋めていく手法。これに対し、輪郭線を描かずに色の濃淡だけで作画する手法を没骨法という。"
"鏝
読み方:コテ
轆轤成形の水挽きの際、器物の内側に希望する特定の形の木製の道具(型)を当て、外部から押し付けながら成形することがあり、その木製の型をいう。また、口の小さな器物(袋物)の形を整えるために柄のついた柄鏝を使う。"
"木葉天目
読み方:コノハテンモク
器物の内側に実物の木の葉を張り付け木葉模様を焼き付けたもの。"
"コバルト
読み方:コバルト
コバルト化合物は青の着色剤として窯業では広く使われる。染付の青色顔料の呉須の不純物を含む天然コバルトである。"
"粉引
読み方:コヒキ
刷毛を使わず全面白化粧した白釉が粉を引いたように見えるもの。"
"小堀遠州
読み方:コボリエンシュウ
1579~1647(天正7~正保4)江戸初期の武家。茶人。30歳で遠江守に叙任され、遠州の名はそれに由来する。35歳で朝廷の作事奉行となり以降、江戸、駿府、名古屋、伏見、大坂、二条などの諸城、禁裏、仙洞の各御所、金地院、東海寺の各庭園など幕府、朝廷関係の各種建築、庭園、茶室等の造営事業に尽力、45歳で京都伏見奉行に任じられ68歳で死去するまでその職にあった。茶の湯については若い時、古田織部に師事し、独自の美意識で書院茶の湯など茶の湯の和風化を完成、遠州流茶道の開祖となる。"
陶芸教室体験,陶芸療法