沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > あ用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次

"藍色釉
読み方:アイイログスリ
呉須を用いた色釉。"
"藍絵
読み方:アイエ
呉須の染付模様。"
"藍絵鍋島
読み方:アイエナベシマ
佐賀県大川内の染付。"
"相川焼
読み方:アイカワヤキ
佐渡焼(さどやき)、金太郎焼(きんたろうやき)ともいう。新潟県佐渡郡相川町で生産される焼物の総称。当地に産出する無名異(むみょうい)という酸化鉄の多い粘土を原料とした常山焼と赤水焼は、無名異焼と呼ばれる佐渡の朱泥焼で無釉炻器であるが、不透明釉を掛けた製品も最近はかなり作られている。"
"藍古九谷
読み方:アイコクタニ
古九谷の一種で、磁器染付の単彩。素焼きをしない。"
"藍呉須
読み方:アイゴス
染付の呉須手。"
"間坏
読み方:アイツキ
平安期(794~1192)の土器。間は大小の中間をいい、五合(0.9リットル)入り。"
"会津焼
読み方:アイヅヤキ
福島県大沼郡本郷町を中心とする本郷焼を指す。会津に初めて陶器の焼成を伝えたのは、尾張瀬戸から来た水野源左衛門。正保四年(1647)会津藩に招かれ、本郷村で陶作に従事。寛政12年(1800)になると、瀬戸、有田など先進陶業地を歴訪した民間の陶工、佐藤伊兵衛が、白磁に近いやきものを焼成、その後、茶陶のほか赤瓦、民生日用雑器の粗物生産も発達した。"
"アイボリー・チャイナ
英語表記:ivory china
読み方:アイボリーチャイナ
製品が象牙色を呈している食卓用磁器。"
"アイリス ラスター
英語表記:iris lustre
読み方:アイリスラスター
虹色ラスターともいう。施釉器に油性媒液に溶かしたチタニウム塩で描いてから低温度で焼成して得られるラスターの一種。虹色の紅彩を示す。"
"亜鉛珪酸塩
読み方:アエンケイサンエン
亜鉛、珪素および酸素の化合物で他の元素が入ることもある。"
"亜鉛フラッシュ
読み方:アエンフラッシュ
焼成の最終段階で窯の火室に亜鉛を投入して生じた赤煉瓦の着色した表面。"
"亜鉛釉
読み方:アエンユウ
結晶釉をつくるために添加した酸化亜鉛の量が10%以上ある釉。"
"青井戸茶碗
読み方:アオイドチャワン
高麗茶碗の一種で全体に青味を帯びている。素地は、鉄分をかなり多く含有しているために青黒い感じのものが多い。"
"青色
読み方:アオイロ
やきものの青は、コバルト、鉄、銅などにより発色する。鉄は還元焼成により青色を呈し、酸化炎中で焼いたアルカリ釉では、銅化合物も同様青色となる。
"
"青織部
読み方:アオオリベ
織部焼の一種。器物の表面全体に青緑色釉(銅緑釉)を掛けたもの(総織部)と、器の一部にそれが掛けられたものと二種類ある。総織部では、釉下に浮彫りや透し彫りなどの絵文様のあるものが多い。一方、一部に青緑釉の掛けられたものは、掛けない部分に長石釉を掛け分け、釉下に文様を鉄砂で描く。"
"青唐津
読み方:アオカラツ
唐津焼のうち、釉の木灰や胎土中の鉄分が還元炎焼成で青色を帯びたもの。"
"青素地
読み方:アオキジ
白色素地に青色顔料を添加してつくった素地。または、酸化鉄を6%以上含有した粘土を還元状態で焼成すると鉄珪酸塩が生成されて素地は青くなる。"
"青木木米
読み方:アオキモクベイ
1767~1833江戸時代後期の京都の名陶工。1805年(文化2年)、粟田青蓮院の御用焼物師となり、次いで加賀藩に招かれ金沢春日窯を開設。作品は染付、青磁、南蛮写しなどの煎茶器が多く、作風は自由かつ大胆。"
"青九谷
読み方:アオクタニ
九谷焼の一種。古九谷風磁器の顔料を用い、赤、紫、緑、青、黄の伝統的五彩釉で彩色されたもの。"
"青化粧土
読み方:アオケショウツチ
白化粧土に青色顔料を混合してつくる。得られる色は白化粧土の組成によって変わる。アルミナ含有量の多い化粧土(カオリン質)では酸化コバルトだけで空色になる。"
"青手古九谷
読み方:アオデコクタニ
青古九谷(あおこくたに)、交趾古九谷(こうちこくたに)ともいう。古九谷の一種で、緑釉部分が多く赤を用いる。骨描の上に緑・黄・紫の3色で描いた三彩古九谷と、緑・黄の2色の二彩古九谷をいう。"
"青備前
読み方:アオビゼン
青灰色をした備前焼。胎土に含まれた鉄分が還元炎焼成により発色したもの。"
"青み付け
読み方:アオミヅケ
素地や釉が黄ばむ場合に、これを補整するために坏土や釉調合物に微量の酸化コバルトを添加すること。"
"青釉
読み方:アオユウ
青釉は次のような方法でつくられる。(A)無色釉に青顔料を5~10%加える。(B)無色釉に酸化コバルトを加える。コバルトだけでは、わずかに紫がかった青になる。(C)無色釉に酸化コバルトか燐酸コバルトを、亜鉛華またはアルミナとともに加える。ウルトラマリンあるいは空色の釉になる。(D)無色釉に酸化コバルトと少量の酸化マンガンとの混合物えを加える。紫がかった青釉が得られる。(E)無色釉に酸化コバルトと少量の酸化クロムとの混合物を加える。帯緑青色釉が得られる。"
"赤色
読み方:アカイロ
やきものの赤は、鉄、クロム、銅、金、ウラニウム、セレニウム、テルリウムなどにより発色する。鉄化合物は酸化炎焼成で赤色を呈し、クロム酸化物はアルカリ性含鉛釉の中で美麗な赤を発色。アルカリ釉中の酸化銅は還元炎で良質な赤色を発する。"
"赤絵
読み方:アカエ
不透明で層の薄い赤絵具による赤色を主体とし、藍、緑、黄など多才なガラス質透明上絵具で模様を多少盛り上げ彩色した上絵付け。"
"赤絵九谷
読み方:アカエクタニ
新九谷。明治初期(1877)以降日本に輸入された洋風顔料で描いた九谷焼。"
"赤絵古九谷
読み方:アカエコクタニ
古九谷の一種。磁器の全面に赤だけで模様を描き、僅かに金彩、銀彩を加えたもの。"
"赤絵三彩
読み方:アカエサンサイ
赤、黄、緑の色絵のある古風なやきもの。"
"赤織部
読み方:アカオリベ
織部焼の一種。素地に赤土を使い、白泥で文様を描き、その上に鉄砂で線描を施す。"
"赤素地
読み方:アカキジ
不純物として存在する鉄化合物、またはこれを添加して酸化焔焼成すると鉄化合物は主に酸化鉄に変わって赤色の素地になるが、色調はいろいろの条件によって変化する。素地中に石灰が多いと白色の鉄化合物ができ、少量のときには黄味がかったピンク色になる。還元雰囲気では青色がでてくる。"
"赤釉
読み方:アカグスリ
無色釉あるいは白不透明に赤顔料を適当な割合に加える。効果は実験で確かめる。釉に用いられる基本的な赤色は、(1)金顔料、(2)桃色顔料、(3)銅顔料であるが、(4)最適条件では酸化鉄を釉に加えると美しい赤が得られる。銅赤、すなわち辰砂釉は酸化銅を加えた釉を還元雰囲気で焼成して得られるものである。"
"赤化粧土
読み方:アカケショウツチ
赤色エンコ―べともいう。白化粧土に適当な割合に赤顔料を加えたり、天然の赤色に焼ける物質を化粧土として用いる。"
"赤呉須
読み方:アカゴス
赤絵呉須の略語。"
"赤志野
読み方:アカシノ
志野焼の一種。素地に鉄泥を化粧掛けして下地とし、その上に長石釉を掛けて焼き上げ、淡赤色を呈したもの。"
"赤谷石
読み方:アカダニイシ
福岡県朝倉郡松末付近に産出する長石で、小石原および小鹿田の陶工が釉原料として使用している。"
"赤玉手
読み方:アカダマデ
赤玉ともいう。呉須赤絵のうち素地に赤色の網目などの簡単な模様や、赤と緑を用いた花模様があり、その中に赤い丸を描いたもの。"
"赤土
読み方:アカツチ
何も加工せずそのままの状態で焼成したときに赤色に焼ける粘土。"
"赤津焼
読み方:アカヅヤキ
瀬戸市赤津地区で生産されているもので、700年の伝統を保ち、志野・織部・黄瀬戸・瀬戸黒などがある。"
"赤膚焼
読み方:アカハダヤキ
遠州七窯の一つで、奈良市五条町五条山(赤膚山)から出る鉄分の多い粘土を用いた萩釉による茶器中心の陶器。"
"あかみそ
読み方:アカミソ
瀬戸地方に産出する塊板状の黄土が分解して粘土状になったもので、柿色釉などの調製に用いる。"
"赤焼物
読み方:アカヤケモノ
赤物ともいう。尾張常滑の鉄砲窯で焼成した赤色の吸水性の大きな焼物。"
"赤楽
読み方:アカラク
楽焼(楽茶碗)の最も一般的なもの。楽素地の白土に黄土を化粧掛けし、その上に透明な楽釉(鉛釉)が掛かり、低火度で焼成した軟質陶器。
"
"上野焼
読み方:アガノヤキ
福岡県田川郡赤池町上野のやきもの。加藤清正に従い帰化した朝鮮高麗焼の陶工・尊楷を1602年(慶長7年)小倉藩主細川三斎が招き、城下で開窯させ、小堀遠州の指導を受け、遠州七窯のひとつに数えられた。上野焼の茶碗、鉢、向付、皿などはみな高台が高く、また、飲食すれば毒を消すといわれ毒消焼の異名があった。"
"灰汁
読み方:アク
陶芸では釉原料の石灰を炭酸カルシウムの形で木を焼いた灰から、珪酸を藁、籾、竹、歯朶などを焼いた灰から採ることが多い。植物の灰には水溶性アルカリ塩が存在し、そのまま使用するとこれが素地内に浸み込み、乾燥すると表面に集まるので有害となる。このために水や熱湯で何回も洗ってこれを除く。このときの上澄液を灰汁といいこの操作を灰汁抜きという。なお、素焼素地を灰汁に浸し乾燥後焼成すると、素地中の鉄分とアルカリとが反応して美しい火色が出る。"
"渥釉
読み方:アクグスリ
雑木灰や木炭の灰だけの単独釉で、これだけでは1250~1280℃で焼成しても十分には熔けない。したがって形成された釉は光沢がなく、ざらざらした肌を示す。"
"アクリーション
読み方:アクリーション
粒子または塊に、新しい粒子をそれらの外部に付着させて大きさを成長、増大させる操作をいう。"
"上底手
読み方:アゲゾコデ
桶底ともいう。瀬戸焼茶入の一種。底が桶底のように上がっている。"
"アゲート・ウェア
読み方:アゲート・ウェア
瑪瑙焼(めのうやき)と同じ。外観上、瑪瑙あるいはその他の天然石に似た線条をつけた器物。"
"朝顔
読み方:アサガオ
和風の非水洗小便器で漏斗形の陶磁器製便器。"
"朝顔手
読み方:アサガオデ
朝顔の花のような形の青磁。"
"朝日焼
読み方:アサヒヤキ
遠州七窯の一つ。京都府宇治市朝日山の陶器。慶長年間(1596~1615)に創始。正保(1644~1648)頃、小掘遠州の指導を受け、遠州好みの茶器を製作した。素地は褐色で釉に黒斑があり、刷毛目の櫛描きが多い。現代のものは紅斑のある御本茶碗が特徴で、御本写し、三島、刷毛目、彫三島がすぐれている。"
"アシッド ゴールド
読み方:アシッドゴールド
1863年にイギリス、Minton会社のJ・L・Hugesが行った陶磁器に対する金装飾の一方法。施釉面に金付する前に稀弗酸で蝕刻する。この方法は非常に熟練を必要とするので、最高級品の装飾にのみ用いられる。"
"芦沼土
読み方:アシヌマツチ
益子赤土(ましこあかつち)・赤粉(あかこ)と同じ。栃木県芳賀郡七井村に産出する火山ガラスの風化物。"
"脚短坏
読み方:アシヒキツキ
台の低い坏で、平安朝の須恵器。"
"亜硝酸ソーダ
読み方:アショウサンソーダ
亜硝酸ナトリウムと同じ。琺瑯(ほうろう)釉泥漿に少量添加してラストスポッティングおよびティアリングを防止するのに用いる。通常0.1~0.25%で十分である。"
"亜細亜磁器
読み方:アジアジキ
中国および日本の軟磁器。透光性が大きく青味を帯び、上絵具も透明なものが多い。"
"アスベスト
読み方:アスベスト
繊維状鉱物の一群で、最も重要なものはクリソタイルであり、これはアスべストの世界産出量の95%を占めており、このうちの60%はカナダで生産されている。"
"後絵
読み方:アトエ
もともとは器物になかった絵を後世に付け加えたもの。"
"後薬
読み方:アトグスリ
古い素地に釉をあとで施したもの。"
"後火
読み方:アトビ
磁器焼成のとき、炙り、責め(焚き)に継ぐ第三番目の仕上げ焚き。"
"後焼
読み方:アトヤケ
大型の窯で、燃料供給停止後、窯内部の保留熱量により焼成がすすむこと。"
"窖窯
読み方:アナガマ
山の斜面を利用した横炎式窯。普通は斜面を掘り、天井だけを築く。大体は単室で天井の一方に差木孔が開けてある。"
"焙り
読み方:アブリ
陶磁器焼成の初期段階の焚き方。目的は素地に残っている水分の蒸発、続いて、素地構成成分各種有機物の燃焼、炭酸塩の分解を促進完了させ、素地成分である石英の異常膨張による器物の破損を防止するため、窯内が暗赤色(800~900度)になるまで除々に加熱していくプロセスをいう。"
"天草石
読み方:アマクサイシ
熊本県天草郡下島西海岸一帯の地域で産出される釉および素地に使用される陶磁器原料になる陶石。石英粗面岩の変質した粘土鉱物を含有し、もとは砥石として広く用いられたが、18世紀初め、初めて磁器原料として使用が始まったといわれる。"
"飴釉
読み方:アメグスリ
あめゆう。鉄釉の一種で飴色(黄褐色)の釉薬。"
"有田焼
読み方:アリタヤキ
有田郷(佐賀県西松浦郡有田町)を中心に、桃山末期から藁灰釉による古唐津陶技が行われていた。が、佐賀の藩祖鍋島直茂に従い帰化した李参平が元和年間(1615~24)有田泉山で白磁鉱を発見、日本最初の磁器製造に成功。以降、磁器生産は肥前鍋島藩の重要産業に発展していく。"
"有田焼の系譜と技法
読み方:アリタヤキノケイフトギホウ
有田焼の系譜は、技法的に見ると(1)有田陶器系(2)初期有田磁器系(3)古伊万里系(4)柿右衛門系(5)鍋島藩窯系(6)有田民窯磁器系に分類できる。"
"暗花
読み方:アンカ
素地に模様を線彫りしたものが、釉を掛けた後に釉下の沈線模様となり、釉面は平滑で指で撫でると凹凸のわからないもの。"
"安南焼
読み方:アンナンヤキ
安南(ベトナム)で製作された陶磁器。"
"アーク
英語表記:ark,mixing ark
読み方:アーク
陶磁器工業で粘土泥漿を混合または貯蔵するのに用いる大きな桶。"